日本の環境外交の30年:ストックホルムからヨハネスブルグへ

8月26日から9月4日まで南アフリカの首都ヨハネスブルグで「持続可能な開発に関す...

Asian Energy Security and Nuclear Power

It is generally agreed that Asia is the ...

日本は核武装するか?

前回(5月21日)予告したように、日本のプルトニウム政策について書くつもりでいた...

日本は「油断」していないか?――原子力政策に国際戦略的視点を――

イスラエル・パレスチナ紛争に伴う中東情勢の緊迫化により、このところ原油価格の高騰...

クジラとプルトニウム

国際捕鯨委員会(IWC)の年次会合が、九年ぶりに、日本(山口県下関市)で開催され...

「資源安保」に原発は有用

イスラエル・パレスチナ紛争に伴う中東情勢の緊迫化により原油価格の高騰が続く中で、...

Japan Cannot Be Complacent! The Need of More International Strategic Perspectives in Japan's Nuclear Energy Policy Debates

As the ratification of the Kyoto Protoco...

日本は「油断」してはいないか?――もう一つの原子力必要論――

地球温暖化防止策としても益々重視されるべき原子力発電が、国内では相変わらず厳しい...

Reducing Nuclear Dangers in North Asia

Global overview  Nearly fifty-seven ...

原発政策にトップの指導力

新潟県刈羽村で5月末行なわれた住民投票の結果、懸案のプルサーマル計画の実施はまた...

先頭 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最後 10 / 11